【場所を取らない、コスパも良いからおすすめ】跳ね上げ門扉の特徴やメリット

皆さん、愛車を所有していますか?
所有している方の中で、カーゲートを設置しているご家庭はどのくらいいらっしゃいますか?

はたまた、カーゲートを設置している方は、どのタイプを選ばれているのでしょうか?

こんにちは。
広報・マーケティング兼ライター、時々デザイナーのS氏です。

最近町を歩いていると、愛車を所有されているのに、カーゲートを設置していないご家庭も多いなぁと、ふと考えることも多くなりました。
そんな中で、防犯対策として跳ね上げ門扉、またはカーテンゲートのどちらかを設置されているご家庭もあります。
施工期間は短い、デザイン性や機能性が優れている、どちらのタイプも予算を抑えられるから施工されているのでしょう。

さて、今回はこの二つから跳ね上げ門扉について書かせていただくことにします。
なぜ跳ね上げ門扉か?
お客様からカーゲート設置のご依頼頂いた際、跳ね上げ門扉をおすすめさせていただくことがあります。

なぜ土商がおすすめするのか、特徴やメリットは何なのか等をご紹介いたします。

※その他のカーゲートについてはこちらの記事をご覧ください。

跳ね上げ門扉とは

上下に開閉する門扉のことをいい、狭い敷地で有効活用できる
呼び方は、跳ね上げ門扉の他に「オーバードア」や「アップゲート」、「ホップゲート」とも呼ばれている

カーテンゲートやシャッタゲートなどのように、広い敷地に設置しないと圧迫感が出てしまうこともあります。
跳ね上げ門扉の場合は、上下を開閉するので狭い敷地でも設置することができます。

また、電動タイプの商品もあるので、自動車に乗ったままでもリモコン操作で門扉を開閉できるのです。
ある程度高さもあるので、外部からの侵入を防ぎ、セキュリティ対策にもなります。

メリット

それでは、跳ね上げ門扉をおすすめできるメリットをご紹介していきます。

敷地の広さを考えなくても良い

上下に開閉するため上部の空間の確保は必要ですが、広い敷地を確保しなくとも、狭い敷地での収納スペースで問題ありません。
門扉自体が道路へのはみ出しがないので、敷地前の道路が狭い場所でも最適。
また、家を建てた後でもリフォームが可能です。

リモコン操作で楽々自動開閉

手動タイプだけでなく、自動タイプの跳ね上げ門扉もあります。
先ほどの説明にもあったように、自動車に乗ったままでもリモコン操作で開閉できます。
乗り降りをしていた無駄な時間も、乗ったままで有効活用できので便利です。

デザインのバリエーションが豊富

シンプルなものからクール、木目調のナチュラルなど様々なスタイルがあり、一台に限らず二台、三台用などの大きさもあります。
バリエーションが豊富なので、家のバランスも合わせやすくデザイン性を強調出来たりと、

開き戸付きのタイプもある

跳ね上げ門扉と開き戸が一体化した商品もあります。
駐車場から人だけが出入りできるように付けられているので、わざわざ跳ね上げ門扉を開閉しなくても良いのです。
開き戸を開けておくと駐車場への間口が広くなるため、自動車の出し入れも楽になります。

実はコスパが高めのカーゲート

跳ね上げ門扉はコスパも高いとされています。
自動車二台分の跳ね上げ門扉でも、施工費など込みでもおそらく70万円はいきません。
もちろんデザイン性や機能性が良いものだと、コストも上がると思います。
自動車一台分でシンプルなデザインかつ電動タイプだと、50万いかない場合も。
明確な金額を記載することはできませんので、一度ご相談ください。

被害防止効果が高く防犯対策になる

外の境界線として仕切りを造ることで、愛車へのいたずら被害防止や、外部から侵入の妨げにもなります。
ゲートは背が高めですから、簡単に乗り越えてくることはないし、地面との距離も近いためくぐり抜けてくることも難しいです。

デメリット

次に、これは気を付けてというデメリットをご紹介していきます。

手動式は操作が大変

手動式はコストの面で問題はありませんが、自動車を乗り降りして開閉しないといけません。
リモコンがなくても支柱にボタンを付いていれば良いけど、重量が約7~8㎏ある門扉を手で持って上下に動かさないといけない。
人によっては操作が大変だと思われる方も少なくはありません。

電動式は故障することもある

電動式はリモコン一つで開閉させるので、リモコンが故障する場合もあります。
そうなると、手動で開閉せざるを得ない状況が出てきます。

手動と電動の価格差

手動式と電動式では1.5倍以上の価格差が出てくるので、金額面で悩まれる方も少なくはありません。
長い年月でお使いいただく商品です。
重たいけど安い手動式の跳ね上げ門扉にするのか、リモコン一つで楽々操作の電動式の跳ね上げ門扉、どちらでもお好みでお選びください。

まとめ

いかがでしたか?
跳ね上げ門扉のことが少しでも気になって頂けたでしょうか?

愛車を所有されているのに、カーゲートを設置していないご家庭も多いので、書かせていただきました。
広い敷地を確保しなくても施工できるので、新築ではないお客様さまに跳ね上げ門扉はぜひおすすめです。

記事をご覧になられた方は、ご参考までに弊社までお問い合わせください。

関連記事