【令和版!ガーデニングも遊びもできる!】庭のある暮らしを楽しくなるための活用方法

戸建にお庭は付き物(と、思っている)。

新型コロナウイルス感染症の影響で、まだまだ自粛モードが続いております。
緊急事態宣言発令中に、お庭を活用して色んな遊びをされたご家庭はたくさんあるでしょう。

それでも、まだまだこんな方は多いはず。

庭はあるけど物置でしか使っていない。
  
雑草の手入れが面倒だし、ガーデニングもどうしたらいいか分からない。
とりあえず庭はあるけど、そもそも活用方法が分からない。

そんな皆様のために今回は庭の活用方法をご紹介いたします。
定番のものから、今話題のものまで!

ちなみに、前回は「庭とは一体なに?」という内容の記事を書きました。
本記事を読んでからでも、読む前でも構いませんので、ぜひご覧ください。
【庭づくりがもっと楽しくなるために】坪庭、庭園、裏庭、サービスヤードなどを知ろう

庭の活用方法

ガーデニングや家庭菜園などの定番活用方法や、遊びたいが無限大!今話題の活用方法をご紹介。

家庭菜園や家事用に

ガーデニングやウッドデッキ、物干し場などさまざまな活用が定番化としています。

ガーデニング

植木鉢やプランターだけでなく、ピンコロ石やアンティークレンガで花壇を造り上げて華やかな植物を並べます。
植物の成長を見守るのは楽しい、家がより華やかになる上に町歩く人が見ると気分が上がります。

ロックガーデニング

小さな石から大きな石を並べて、それに合った華やかな植物を植えていきます。
ただし、植物たちが痛んじゃうので、真夏や真冬に行うのは避けるようにしてください。

家庭菜園

家庭菜園をする人が急増しています。
今の時期はそろそろトマトやキュウリなどの夏野菜が採れ時期ではないでしょうか。

バジルやレモンが実は簡単に育てることができので、近年人気のアイテムです。
マンションやアパートのベランダでバジルを育てる方は多いですが、毎年どんどん背が伸びるので屋根がある場所だと隣の部屋にお邪魔しちゃうことも。
なので、庭で育てることをおすすめします。

サービスヤード

衣類などの物干しや一時的なゴミ置き場に使う家事用スペースです。
これを作っておくと家事もスムーズになるし、目隠しを施しておくとプライバシーやセキュリティを守ります。

遊びたいが無限大

庭をガーデニング要素だけでなく、小さなお子さんやわんちゃんたちとの遊び場としても活用されるご家庭が増えました。

ウッドデッキ

リビングと一体化させたアウトドアリビングが大流行。
近年DIYで作る人が急増し、自分好みのウッドデッキのデザインを多く見られます。
夜に庭へ出て座ったまま天体観測をすることもできるので、とてもロマンチックな活用方法ですね。

子どもの遊び場

人工芝を全面に敷いて小さなお子さんや、わんちゃんたちも安全に遊べるように。

水はけがいいため土間コンクリートにするご家庭も少なくありません。
そこにビニールプールを置いて、休日はお子さんと一緒に遊ぶこともできます。
少し狭いけど、わんちゃんのドッグランにもご活用ください。

超絶話題!ベランピング

今、最も注目を集めているのがお家版グランピング!
その名も「ベランピング」
(ベランダ+キャンピング)

そもそもグランピングとは、テントやキャンプ道具などを用意せず気軽にかつ贅沢にキャンプ体験を楽しめる、新しいキャンプスタイルです。
コロナ禍で外出できないため、テントなどのキャンプセットをお持ちのご家庭は家でグランピングならぬベランピングが急増!

ベランダだけでなく、もちろんお庭でもできるのが最高です。

まとめ

いかがでしたか?
庭はあるけどどのように活用すればいいのか分からない、というのは解決できそうでしょうか?

今回ご紹介したのはほんの一部です。
庭の活用方法は無限大にあると、私は思います。
少しでも活用方法が分かると、想像と妄想が膨らみ、ワクワクが止まりません。

ガーデンアイテムを買う、安いテントを買ってみる、ビニールプールを買ってみるなどご自身に合った楽しみ方を試してみてください。

実際に弊社へお客様から庭の工事をご依頼頂いた時もこのようにご注文がありました。

子どもが小さいから庭でいっぱい遊ばせたいです。

スペースをできるだけ確保して、ブロックフェンスで庭を囲ったり、お手入れが楽な人工芝を敷きました。

迷った時はいつでもお気軽に弊社へご相談ください。
お待ちしております。

関連記事