【外構の疑問を解決】カーポートの施工費や工期について教えて!

こんにちは。
広報・マーケティング兼ライター、時々デザイナーのS氏です。

私は今まで、カーポートって何?どんなメリットがあるの?という紹介をさせていただきました。
しかし、肝心の工期や施工費などのことは一切公開していませんでした。
他社様のサイトには書かれていることが多いので、弊社のサイトには何も書かれていなかったので、不安だったと思います。

今回は、お客様からよくご依頼頂きます、カーポートの施工費や工期についてご紹介いたします。

施工費と工期

ざっくりとした説明をすると、耐風などの機能がしっかりしているカーポートの価格セッティングする施工費といった内容です。
ただし、これはあくまで当社比で、弊社が過去に施工させていただいた内容をベースに、参考価格を表示しております。

カーポートにこだわる方も多く、新しいデザインを選ばれるお客様も数多いらっしゃいます。
また、カーポートの工期は商品によって大きく異なるので、そちらもご覧いただければと思います。
(カーポート設置時の土木工事も含みます)

車一台分のカーポート

その1

施工費:¥200,000~
工 期:2~3日

カーポートのデザインにこだわりはないが、積雪や雨に負けないポリカーボネート板で、車幅、高さ、奥行が標準のものだと一番安いものでこの価格。
しかし、高機能なのでコスパは良いでしょう。

その2

施工費:¥300,000~
工 期:2~3日

山型ではなく、真っ直ぐに作られたスタイリッシュで高機能のカーポート。
かっこいいデザインなので、かなり人気の商品で最近はこちらをご注文頂くことも増えました。
どんなお家にも合わせられるのでおすすめしております。

その3

施工費:¥550,000~
工 期:2~3日

写真のカーポートは、天井が太陽光を反射してくれるため、夏は車が熱しにくくなります。
デザインもシルバーモダンのスタイリッシュな形なので、近年の箱型住宅などの合わせやすいものとなっています。
新しいスタイルだけど想定していた価格よりも高くなくて、従来のデザインから変更される方も多いです。

車二台分

その1

施工費:¥500,000~
工 期:4~6日

こちらのシンプルなデザインは車二台分の広さがあるカーポートです。
ポリカーボネート板で雪や雨に負けない耐性で、不動の人気を誇るスタイルとなっております。
どんな住宅にも合うし、カラーバリエーションもあるのでおすすめ。

その2

施工費:¥500,000~
工 期:4~6日

ツインスタイルのカーポートで人気の商品です。
写真の商品は水色で爽やかなデザインですが、他にもスタイリッシュなカラーがあったり。
さらに四柱なので強風にも耐えられ、屋根も広いので雪や雨に打たれないし、車は太陽光の熱さからも逃げられます。

その3

施工費:¥800,000~
工 期:5~7日

圧倒的な強度を持つ、最強の性能が魅力的なカーポートです。
スタイリッシュと重厚感が兼ね備えていて、かなり人気の商品となります。
積雪はもちろん、耐風にも対応しており、他にも様々なオプションにも対応しているのでおすすめです。

その4

施工費:¥1,000,000~
工 期:5~7日

吊り下げタイプと呼ばれており、台風などの強い風にも耐えられる大きなカーポートとなります。
重厚感がありスタイリッシュかつ高級感が漂っており、人気のデザインの一つです。
高額ですので、住宅だけでなく外構にもこだわってて予算に余裕がある、という方におすすめさせていただいております。

近年のカーポート

※三協アルミ様のホームページより画像をダウンロード

固定概念というのがなくなり、デザインのバリエーションが豊富です。
従来のデザインより年々進化してきており、積雪や耐風などの性能も強化されるようになりました。

シンプルなポリカーボネート板のカーポートから、天井が真っすぐでスタイリッシュなデザインやこだわりが強いデザイン、天井からダウンライトの演出が可能になり重厚感と高級感が漂うカーポートまで。

機能や大きさ、デザインが違っていたりする分、値段の振り幅にも差が大きく出ます。

車やバイクを趣味にされている方は特に、性能が良いだけでなくおしゃれなデザインのカーポートを選ばれる方が多いです。

まとめ

いかがでしたか?
カーポートの施工費や工期(当社比)は少しでもお分かりいただけたでしょうか?

施工費や工期というのは、上にも書いたように商品によっては大きく異なります。
一台分だと1、2日あれば十分ですが、二台分、三台分となれば2~4日はお時間いただくことになります。
天井や壁があるカーポートだともちろん工期はかかるでしょう。

カーポートの施工をご検討中の際は、ご家族とじっくり話し合いされることをおすすめいたします。

関連記事