【お手入れいらずですね】芝生から土間コンクリートへ大変身

こんにちは。
広報・マーケティング兼ライター、時々デザイナーのS氏です。

何やかんや言うてる間に春がやってきました。
そうこうしているうちに夏がやってきます。

季節、時の流れは本当に早いなぁと日々感じております。

今回はいつの日か施工させていただいた、『芝生から土間コンクリートへ大変身した』時のことをお話いたします。

現地調査

※お客様のお家の場所とお名前は伏せさせていただきます。

玄関前が芝生で手入れが面倒だから土間コンクリートにしてください。

まず、お客様からお問い合わせを頂戴したら、現場へ伺う現地調査をいたします。
当時の現状はアプローチの平板や駐車場のコンクリート部分以外は全部芝生で、雑草が生い茂っている状態でした。

before

この状況ではたしかにお手入れは大変だ。
しかも夏だったので、何だか暑苦しい見た目。
綺麗な緑だけど植栽の下草も伸びてしまい、夏場は剪定などの手入れが大変だと思います。

土間コンクリートにしたい

お客様のご要望だったので全力で大変身いたしました。

お手入れいらずの、土間コンクリートへ。

いざ、土間コンクリートへ

現調をしながらパース設計をして、お打ち合わせをしていきます。

えッ芝生をやめるの!?と、最初は驚きました。
それは、綺麗な緑色の芝生は見た目の魅力もあり、町を彩る景観対策としても良いとされているからです。

コンクリートだと夏は気温の上昇とともに、空気も暑くて歩いていると足も重たくなります。
水をかけても蒸発してさらに暑い。

芝生だと夏の気温の上昇を防ぐ効果があります。

しかし!
お手入れを怠ると草が伸び放題になったり、雑草が混じって増えすぎると大変です。
定期的に剪定などを行わないと、夏場に作業するとなれば汗をかいて疲れるし、腰に負担がかかってくることもあるでしょう。

腰に負担なんて、、僕は嫌だ!!

ということで、芝生から土間コンクリートにいたしました。

after

これで芝生の面倒なお手入れはいらない。
シンボルツリーなどの植栽を残して。

植栽部分の花壇はアプローチに合わせて、ピンコロで色を交互に配置しました。

まとめ

今回は以前施工させていただいた、芝生からの土間コンクリートについてお話ししました。
いつものお勉強系ではない、施工実績系。

また機会があればお話ししたいと思います。

お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

【少しだけ雑談】

弊社女性社員のお家で育てているアボカドの葉です。
立派な観葉植物ですよね。

実が出来たらいいのにな・・・(*^^*)

と呟いておりました。

関連記事