【趣味を堪能したいそこのお父さん】物置のメリットや倉庫との違い

このご時世、趣味に没頭するお父さんやお母さんは増えたと思います。
お家のDIYをする人もいれば、外食に行けないから自炊してたら料理にハマった人とか。

まだまだ当分はおうち時間を過ごす方も多いでしょう。

実は、趣味が増えた方におすすめしている商品があります。

物置

物置といえばCMがありますね。
「やっぱりイナバ。100人乗っても大丈夫」

インパクトが大きすぎるCMだったので、物置といえばイナバ物置さんかヨド物置さんが一般的です。
私も、その一人でした。
土商に入って色んな商品を見漁るようになり、

「え、こんな色のものもあるの!?」

「お家みたいな物置、かわいい!」

と、感動しました。

今回は物置についてご紹介いたします。

物置とは

建物とは別に庭やガレージ等に設置されている収納スペース
一般的に使用される用途としては、園芸用品やカー用品、アウトドア用品などを保管

物置があれば、家の中にある大きな荷物や現在必要のないものなどの荷物を保管できるし、段差がなければバイクや自転車なども保管できます。
小型から大型までサイズがあり、デザインや色のバリエーションが豊富です。

倉庫と同じ扱いにされがちですが、意味は違います。
倉庫は、物品や貨物を貯蔵もしくは保管をするための建物であるため、物置とは別の使用となります。

メリットとデメリット

次にメリットとデメリットをご紹介いたします。

メリット

・庭に設置することの便利さ

庭に設置することで、ガーデニング用品などの出し入れがとても便利。
また、子どもたちが外で遊んだおもちゃを物置に片付けてくれるようになります。

・駐車場に設置することの便利さ

駐車場に設置すると、車用品やバイク用品などを保管しておくと、車のメンテナンスなどをすぐに行うことができます。

・趣味を保管できる

庭もしくは駐車場に物置を設置しておくと、キャンプセットや車などの趣味を楽しまれている方は、車へすぐに積み込むことができます。

・灯油タンクを保管できる

家の中に置いておくと、ニオイが気になってしまう灯油タンクも、物置に設置しておくと家の中もニオイません。

・防災用品などを保管できる

いざという時に必要な防災用品を物置に保管しておくこともできます。

・外で使用する物を保管できる

外で使用すると汚れが気になり、家の中で片付けるとその度に汚れを取らないといけない作業があるのは面倒。
物置があれば、そんなことも気にせずにそのまま保管することができます。

デメリット

・圧迫感がある

物置は小さいものから大きいものまで(限度はありますが)を保管することができます。
背が高くて大きい物置が多いので、家と物置の圧迫感が出てしまいます。

・スペースを確保するのが大変

庭もしくは駐車場のスペースや使用状況をよく考えて確保しないと、設置してから「やっぱり庭にしておけば良かった。」、「駐車場にしておけば良かった」と、後悔してしまいます。

おすすめの物置

おすすめしたい物置はたくさんありますが、今回は一つだけをご紹介させていただきます。

断熱構造物置 ナイソー(イナバ物置)

安心の断熱・耐久効果で身近なものを大切に守ります。
いくつか特長をご説明いたします。

・断熱構造だから快適!

内壁は断熱効果の高い準不燃材の素材を使用、表面は新採用のクロス柄で化粧してあります。
天井材は断熱効果に優れた硬質発砲ポリウレタンフォームの表面をクロス柄のシートで化粧した素材を採用。

・仮ロック機能だから安心!

鍵が無くても仮ロックできる操作性に優れたシリンダー錠採用。鍵は上下のないリバーシブルキー、仮ロックは内側から開錠加納です。

・新換気方式で安心収納

天井面に集まった空気は、回り縁ガラリ(内部)、換気ガラリ(外部)を通過して外部へ排出します。
なので、ナイソー自体が勝手に換気をしてくれるので安心です。

・角とい

掃除がしやすく、本格的な雨といを標準装備をしており、雨が降って屋根から流れ落ちる雨水を受け止めてくれます。

・ほこり・雨水の浸入に配慮

扉の合わせ部分には樹脂パッキンを採用し、ほこりや雨水の浸入に配慮しております。
そのため、物置の中に漏れることはありません。

・扉の位置を変えられます

扉の位置を自由に移動することができます。
そうすることで屋根傾斜を変えられるし、収納もしやすくなります。

・扉の開き方を変えられます(扉の種類も変えられます)

扉は左開き、右開きどちらでも可能となります。
開閉試験2万回に合格した滑りの良い丈夫な扉です。

・美しく水はじきの良い床

耐水合板に木目柄のシートを貼り付けた丈夫な床材を使用しています。
重たい荷物や、大人が乗っても問題ありません。

・扉枠はアルミ製

扉枠はアルミ製で滑りや耐久性に優れていて、扉の開閉も軽くとても静かです。

尚、こちらのさらに詳しい情報については、イナバ物置断熱構造ナイソーをご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?
物置と倉庫の違いやメリットについてお分かりいただけでしょうか?

子どもが大きくなって荷物が増え、収納スペースが不足してきました。
スーツケースや靴、旅行鞄などの保管する場所も確保する必要があります。
そんな時に物置があれば、そんなお悩みも解決してくれることでしょう。

増築するより手軽に、お悩み解決いたします。

関連記事