【追加工事で庭づくり!】ウッドデッキと目隠しフェンスを設置して快適な暮らしを

こんにちは。
広報・マーケティング兼ライター、時々デザイナーのFloraみたいな女性になりたいS氏です。

最近、食べても食べてもお腹が空くので、大変悩んでおります。

さて今回は、過去4つに渡ってお届けした、新築外構(ブロック塀、門柱、カースペース、アプローチなど)の工事をさせて頂いた施主様宅の追加工事について。
内容は以下の通りです。

・ウッドデッキ
・防草シート
・目隠しフェンス

どんなエクステリアになったのでしょうか。
庭がすごく広かったので、ウッドデッキの大きさも気になるところです。

施工前

施工前の庭は、砂地に雑草が生い茂っている状態でした。
家を建ててから1~2年程経っていましたが、この広い庭をどのように活用しようか、試行錯誤していたことでしょう。

庭でバーベキューをしたいから、ウッドデッキを設置してほしい

という理由で、ご依頼を頂きました。
今回も施工させていただいて、誠にありがとうございます。

さらにプライベート空間を作り上げるべく、目隠しフェンスも施しました。
が、工事写真はあまり撮れていなかったので、割愛させていただきます。

整備

砂地の整備、生い茂った雑草の手入れを行っていきます。
これをしないことには、防草シートを敷いてウッドデッキを設置しても、見た目がすこぶる悪い。

ウッドデッキの設置場所も確保します。

こちらのお家の庭はかなり広いため、地面を綺麗にするのに時間が掛かります。
しかし、終わった後の気持ち良さと快感は採光です。

施工

ウッドデッキの組立を行っていきます。

おっと、その前に。

雑草が生えてこないように、設置場所に防草シートを張ります。
生えてきたらウッドデッキの隙間から雑草が、「こんにちは」するかもしれないですね。

写真でも見ると分かるように、かなり大きめの防草シート。
ウッドデッキのサイズに合わせております。

そして、ウッドデッキステップ付き。 小さなお子さんやペットの乗り降りも安心です。

形も真っ直ぐではなくL字型になっています。
ゆったりできるスペースもあれば、奥行短い部分もあり、様々なシーンで有効活用ができます。

まとめ

今回は追加工事の庭づくりをお届けしましたが、いかがでしたか?
ウッドデッキは様々なシーンでお使いいただける、とても楽しいお庭アイテムです。
お庭が狭いお家でも、小さなウッドデッキの設置もOK!
ぜひ、ご検討ください。

まずは、お気軽に無料見積もりを。

Flora-tsuchisho-河内長野市のエクステリア工事も(^^)/

関連記事