【土間コンクリートと砕石でOK】カースペースとアプローチの施工について

こんにちは。
広報・マーケティング兼ライター、時々デザイナーのFloraみたいな女性になりたいS氏です。

前回に続き、新築外構を施工した時のお話。
今日は空いている広い敷地を、カースペースとアプローチへ大変身させました。

文章は短めの、写真多めです。

カースペース工事

まずはカースペース。
家の横の空いているスペースは、半分ほどを利用しています。
奥行があるので、車一台~二台分は駐車できるかと。

こちらは土を平たく整備し、上から新しく土を追加してから土間を舗装するための枠組をします。
土間コンクリート施工は、いつもと同じように骨組みをして、セメントを流し込んで・・・。

最後は土間がつるつる滑らないように、模様を付けて滑り止めにしたらOK!

ちなみに、カースペースの前は大きな跳ね上げ門扉を施しています。

アプローチ工事

カースペースの横に、玄関から勝手口を行き来するアプローチ。
土間コンクリートの周辺、アプローチ周辺には砕石を散らし、天然石の敷石を置いて、玄関と勝手口を行き来できるようにしました。

アプローチには、施主様がレンガや植栽でDIYをしていたので、とても華やか・鮮やかなデザインです。

まとめ

敷地が広すぎるがゆえに、余ったスペースはたくさん。
そのゆとりある空間には色んな活用方法もあります。
カースペースの奥には物置を設置したり、さらに裏は家族のプライベート空間も作られています。

まだまだ施主様の中で、余ったスペースを活用されることでしょう。

さて、次回は玄関周りの階段アプローチについて!

関連記事