【大阪府のどこかで新築外構】門柱のブロック積み工事について

こんにちは。
広報・マーケティング兼ライター、時々デザイナーのFloraみたいな女性になりたいS氏です。

ある施主様宅の新築外構を行った時のお話です。
とても奥行があり、広々と開放的な空間に、上品極まりないナチュラルなお家が印象的。 工事内容は、門まわり、ブロック塀、跳ね上げ門扉、カースペースの土間コンクリート、アプローチ。
さらにウッドデッキと目隠しフェンスの追加工事も行いました。

今回は、門扉や門柱の門まわりについて書いていきます。

門まわりの工事

施工前

施工前はこんな状態。
お家のスタイルに合わせた、上品でかつナチュラルな門柱を作っていきます。

施工

まずはブロックを積み積みしていきます。
作業工程は、今まで見た光景と同じです。

積んでいく途中で宅配ボックスやインターホン、郵便ポスト、表札を追加。
機能門柱ではなく、ブロック門柱にすることで家にぴったりなデザインになります。

完成

ブロックを積み、表札や宅配ボックスなどを取り付け、門扉を設置したら完成です。
門扉は鋳物スタイルなので、お家に合ったデザインでとても高級感があります。

まとめ

ブロックを積む途中で設置する宅配ボックスがいいですよね。
ギリギリの位置ではめ込んでいるのに、ブロックで固定させているのがかっこいい。

鋳物門扉を設置し、既に高級感や上品さが漂っています。

次回は、ブロック塀のブロック積み積み工事です。

関連記事