【良い御縁に恵まれますように】1月20日は玉の輿の日!風水についてもご紹介

こんにちは。
SNS担当、時々デザイナーのFloraのような女性になりたいS氏です。

来週はいよいよバレンタインデーです。
もう準備は整っていますか?
私はすでに材料を買う準備は整っています(*‘ω‘ *)

さて、今回は風水のお話。
まだご結婚されていない世の女性のみなさま必見です!

玉の輿

1月20日は玉の輿の日でした!

玉の輿とは

「玉」は美しいもののこと、昔は宝石を「玉」と呼ばれていた
「輿」は貴人を乗せて運ぶ乗り物のこと

貴人が乗る美しい乗り物を「玉の輿」というようになり、そこから身分の低い者が身分の高い者と結婚をし、身分出世することから「玉の輿に乗る」という言い伝えとなりました。

なんとも…まぁ…女性のあこがれですね(笑)

そして、なぜ1月20日が玉の輿の日と言われているのでしょう。
1905(明治38)年のこの日、アメリカの金融財閥モルガン商会の創立者の甥、ジョージ・モルガン氏が京都祇園の芸妓・お雪さんを見初められ、めでたくご結婚なさいました。
そこで、お雪さんは「日本のシンデレラ」と呼ばれたことから決まったそうなのです♪

何ともロマンティックなお話ですね(*‘ω‘ *)

風水について

風水で玉の輿に乗るためには、「玉の輿方位」「水」「龍」を重んじることが必要のようです。

玉の輿方位

玉の輿は「結婚」をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
そうなると、大きな良縁を期待したいですよね?
大きな良縁に繋がる方位はこちらになります。

西北

西北は別名「玉の輿方位」と呼ばれていて、結婚に関する大きなチャンスをもたらしてくれる、素晴らしい方位なのです。
方位は分かったが、西北に向かって何をすれば良いのでしょうか。

まずは部屋の西北のスペースに「紅水晶の七星陣」を置いてください。
毎晩就寝前と、起床時に『良い御縁がありますように』と、心の中で祈りましょう。
西北・七星陣・紅水晶の3つのパワーにより、素敵な縁談に恵まれます。

玄関に「龍」

縁談については、自分だけでなく家全体に流れる気が重要になります。
家の中に良い気を呼び込むためには、玄関にこちらを置くと良いでしょう。

風水の中で「龍」は最強のアイテムとして知られているからです。

玄関を入って右側に龍のインテリア雑貨を置き、新鮮なお水をあげてください。
龍の強いパワーが、あなたに大きなチャンスを運んできてくれるはず!

水=風水

風水による「金運=財運」アップするには、こちらもすごく重要になります。

水はキッチンやトイレ、お風呂場だけではありません。
ベランダ、植木、花瓶の水までも!!
常に水の取替えを意識しましょう。

特に部屋の隅っこに「財運」は集まるそうなので、季節の花を花瓶で飾り、インテリアとしても楽しみつつ、「玉の輿に乗る」を目指してみるのもいいかもしれません♪

まとめ

いかがでしたか、玉の輿♪

玉の輿ってその名の通り、すごくロマンティックな内容でしたね。
私も玉の輿に乗ってみたいと思います。

藤井寺のエクステリア工事は堺市の建設会社、株式会社土商へお問い合わせを(‘◇’)ゞ
Flora-tsuchisho-

関連記事