【鬼門は悪いことだらけって本当?】新築をお考えの方は超絶必見!知ると運気上昇する外構の風水

答え:本当

玄関が鬼門方位は一家離散の暗示!?なんて言われています。
なぜなら、玄関はお家の顔であり、方位によって吉と出るか凶と出るかが決まります。

それでは、玄関はどの方位が理想なのでしょうか?
玄関以外の場所はどこがいいのでしょうか?

いっしょに記事を読んで考えてみましょう。

表鬼門?裏鬼門?

鬼門とは、何をするにも避けなければいけない方位です。
その人にとってうまくいかない相手や場所、事柄を指します。

表鬼門の方位・・・北東
裏鬼門の方位・・・南西

この2つを汚してしまうと、将来の運勢の芽が摘み取られてしまうのです。
頑張ったり、努力して意欲的に取り組んでいることが、失敗に終わることもあります。
自分自身にやる気や積極性がなくなってしまったりと、良くないことだらけです。

玄関の理想と鬼門

玄関の理想の方位・・・東南、東、南

特に良いのは東南。
外からのパワーで社会的信用を得ることができるようです。

鬼門方位・・・北東、南西

悪いエネルギーを呼び込み、家庭に大きな問題を抱えてしまうことになりかねないので、絶対に避けたい方位です。

微妙に鬼門・・・西、北

西方位の玄関は豪華でない造りが良いと言われており、北は凶と言われています。
どうしても凶方位に玄関がある場合は、このように対策するのがいいでしょう。

・照明を明るくする
・鏡を掛ける
・整理整頓
・壁の色やベージュ色やクリーム色などに明るくする
・玄関からリビングやキッチンが見えないように暖簾などをかけて目隠しをする

鬼門の凶作用

表鬼門、裏鬼門それぞれの作用をご紹介いたします。

表鬼門

●玄関や門
 来客にムラがあり、不安定になるので商売にはNG!
●台所(キッチン)
 家族が病気にかかりやすい
●浴室(バスルーム)
 相続人に不運が起こる
●窓
 海賊窓といって玄関面に窓があると金運が出ていってしまう
●倉庫
 欲張って金銭面で損をしてしまう
●張り
 相続人に不運が起こる
●欠け
 相続人ができず、養子を迎える
●トイレ
 病人が絶えず、大きな損失も起こる

裏鬼門

●玄関や門
 病門といって主婦が病弱になりやすい
●台所(キッチン)
 主人が病弱になり、怠け癖が身に付く
●浴室(バスルーム)
 主婦の気が強くなり、主人の運勢が弱まる
●窓
 大きな窓はNG!小窓であれば問題なし
●倉庫
 勢力が次第次第に弱まる
●張り
 主婦が働き者になって一家を支配
●欠け
 主婦が病弱になり、主人は怠け者になる ●トイレ
 夫婦の仲が悪くなり、家運が衰える

まとめ

いかがでしたか?

結果、鬼門には何もないのが一番ですね。
できる限り広く空け、綺麗に清潔を保つことが予防策といったところでしょうか。

今からお家を建てられる方、リフォームをお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

また、何かございましたら、土商までお問い合わせください。

関連記事