【賃貸、売買で知っておくこと】マンションとアパートの違い

こんにちは。
広報・マーケティング兼ライター、時々デザイナーのS氏です。

弊社は外構工事を全面に推していますが、事業はそれだけではありません。
コーポレートサイトをご覧いただくとお分かりかと思いますが、不動産事業も行っております。

http://www.tsuchisho.co.jp

不動産買取収益物件土地活用
戸建住宅やビルなどの売買を中心に活動しております。
ご相談等はお気軽にお問い合わせください。

さて、突然ですが、皆さんの中でマンションとアパートの違いが分からないという方も、多いのではないでしょうか?
個人的にマンションを買いたい、アパートを買いたいという方にもどんな違いがあるのか知っていただきたい!

ということで、マンションまたはアパートを購入のお考えの方は必見です。
簡単にまとめましたので、ぜひご覧ください。

2つの違いとは?

実はというと、明確に区分けの定義はありません。
不動産会社や管理人などの中で、独自に判断していることもあるからです。

また、コーポやハイツといった書かれた建物は、名称を変えているだけでアパートと内容が同じと考えても良いでしょう。

マンションとアパート、この2つの大きな違いは【構造】です。

マンション

3階以上であり、階数に上限はないと言われています。
構造は以下の3つが主です。

・鉄骨造(S)
・鉄筋コンクリート(RC)
・鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)

ファミリータイプが多いため、オートロックや防犯カメラ、耐震性や耐火性、遮音性などのセキュリティ対策プライバシーの保護が充実しています。
また、ほとんどのマンションにはエレベーターが付いています。

アパート

階数の上限3階までと言われています。
構造は以下の2つが主です。

・木造
・軽量鉄骨造(プレハブ工法)

建築費が低コストで購入費、賃貸料もマンションより安いです。
木造は通気性が良く湿気になりにくいのがメリット。
しかし、価格が安いため、オートロックや防犯カメラがなく、遮音性が低い建物もあります。
(近年はセキュリティを充実したアパートも増えました)

その他

例えば鉄筋コンクリートで2階建てだった場合、これはどちらでも良いです。
鉄筋コンクリートでアパートだったら、何か贅沢した気分になりますね。

アパートはアパートメント(apartment)の略語で、英語で共同住宅
マンション(mansion)は英語で豪邸、邸宅という意味で、共同住宅ではありません。
海外でマンションに住んでいるなんて言ったら、かなり驚かれます。

近年はデザイナーズマンションだけでなく、デザイナーズアパートが増加。
ロフト付きだったり、キッチンやバスなどがおしゃれな造りになっています。

また、マンションだけでなく、築年数が長くて古いアパートをリノベーションするのも流行していて、一人暮らしをされる女性にも人気です。

まとめ

いかがでしたか?
マンションとアパートの違いをお分かりいただけましたか?

区分けがないと言われていましたが、意外とはっきり分かれていていました。
近年のアパート事情、マンション事情はどんどん向上しているようにも見えます。

セキュリティ対策やプライバシーの保護だけでなく、外観や内装デザインも時代に合わせて造られています。

賃貸とか購入が考えていない方も、不動産・住宅情報サイトをチェックしてみてもいいかもしれません。

関連記事