【土商は外構工事だけではない!】土木工事や解体工事などの業種に取り組む堺市の建設会社

こんにちは。
SNS担当、時々デザイナーのFloraのような女性になりたいS氏です。

月曜日はバレンタインデーっ!
私も低糖質&低カロリー&腸活に良いチョコレートを作って渡しました!
料理が苦手な私が、頑張って作りました!(念押し)

さて、今日のお話はこちら。

建設業

弊社は外構工事屋であり、建設会社なんです。
タイトルにも書いてあるとおり、土木工事や解体工事、宅地造成工事などさまざまな建設業種に取り組んでおります。

建設業とは

建設業法によって定められた建設工事の種類にある工事を行い、完成を請け負う営業のことをいい、29業種に分類されている

弊社は、総合建設業(ゼネコン)に取り組んでおります。
施工管理を行い、現場の職人さんに指示を仰いだりして工事を進めています。

総合建設業

建設業法は29業種あり、その中で「総合建設」もあります。

土木一式工事

総合建設業の1つで、細かく分けるとこんな種類があります。

河川工事、道路工事、トンネル工事、橋梁(きょうりょう)工事、海岸工事、ダム工事、久光建設工事、土地区画整理工事、宅地造成工事、農業用水道工事、地滑り防止工事、森林土木工事
etc…。

私たちが生活に欠かせないほどの大きな工事を請け負い、厳しいルールが定められているため、専門工事の許可が必要で、連携をとりながら建設工事を進めていきます。

建築一式工事業

総合建設業の1つで、建築確認が必要な建築物の新築および、改修工事を行う元請けとして進めていきます。
工務店がリフォーム(改装)工事を行う場合、1500万円以下であればこの許可は必要ありません。

また、土木一式工事と同様、実際の施工には電気工事や内装工事など、専門工事の許可が別途必要です。

さらに、「総合的な企画、指導、調整の基に建築物を建設する工事」という決まりがあります。
そのため、専門工事業者を統括する場合、建築一式工事の許可が必要です。

専門工事27業種

ここからは建設業法29業種の中から、27業種の専門工事についてご紹介していきます。

大工工事業

木材を使って加工や取り付けにより工作物を築造したり、工作物に木製の設備を取り付ける工事を言います。

左官工事業

壁や塀、床をモルタル、漆喰、プラスター、壁土、繊維などをコテで塗っていき、吹き付けまたは貼り付ける工事を言います。
また、防水モルタルを用いた防止工事については、左官工事、防水工事のどちらでもOkです。

とび・土工工事業

建築での足場の組立て、重量物の運搬配置や鉄骨等の組立て作業を言います。

石工事業

石材やそれに類似のコンクリートブロック及び擬石を含んだものの加工または、工作物を作る・工作物に石材を取り付ける工事を言います。

屋根工事業

瓦や金属薄板、スレート等を用いて屋根をふく(作る)工事を言います。

電気工事業

発電設備、変電設備、送配電設備、構内電気設備等を設置して、送電線から家庭への分電盤、照明器具などの電機関連を行う工事を言います。
修繕などの電気保安及び電気保全と関係する内容と、建築・建設現場で取付け等を行う2つの仕事です。

管工事業

冷暖房や空調、給排水、衛生等のための設備を設置または金属製などの管を使用して、水や油、ガスや水蒸気などを送る配管工事を言います。

タイル・レンガ工事業

レンガやコンクリートブロック等により、建築物や工作物を作るまたは、取り付ける工事を言います。

鋼構造物工事業

形鋼(かたこう)、鋼板等の鋼材の加工や組立てを行い、工作物を築造する工事を言います。

鉄筋工事業

棒鋼等の鋼材を加工、接合、組み立てていく工事を言います。

舗装工事業

道路等の地盤をアスファルトやコンクリート、砂や砂利、砕石などによって舗装する工事を言います。

浚渫(しゅんせつ)工事業

河川や港湾の水底にある土砂を取り除く工事を言います。

板金工事業

金属薄板等を加工して工作物に取り付けたり、工作物に金属製の付属物を取り付けたりする工事を言います。

ガラス工事業

工作物にガラスを加工して取り付ける工事を言います。

塗装工事業

塗料、塗材等を用いて工作物に吹き付けや塗り付けまたは、貼り付ける工事を言います。

防水工事業

アスファルトやモルタル、シーリング材等によって防水加工を行う工事を言います。

内装仕上工事業

木材をはじめ、石膏ボード、吸音板や壁紙、畳、ビニール床タイル、カーペット、ふすま等を取り付けたりして、建築物の内装仕上げを行う工事を言います。

機械器具設置工事業

機械器具の組立て等により、工作物を建築したり取り付けたりする工事を言います。

熱絶縁工事業

工作物または工作物の設備を熱絶縁するために行う工事を言います。

電気通信工事業

有線・無線の通信設備をはじめ、放送機械設備(アンテナ)やデータ通信に関する工事を言います。

造園工事業

樹木の植栽や整地、景石の据え付け等で、庭園や公園、緑地といった苑池を築造したり、道路や建築物の屋上などを緑化または、植生を復元する工事を言います。
外構工事の際、一緒に行うこともあります。

さく井(さくせい)工事業

専用の機械により、温泉掘削や井戸、天然ガスや石油を掘る等、さく孔やさく井を行う工事を言います。

建具工事業

サッシやシャッター等、木製または金属製の建具を取り付けるための工事を言います。

水道施設業

上水道、工業用水道のための取水・浄水・配水等の施設を築造や設置をする工事を言います。
なお、下水道の配管工事及び下水処理場自体の敷地造成工事については土木一式工事になりますので、ご注意ください。

消防施設工事業

火災警報設備、消火設備、避難設備といった消防用設備として取り付ける工事を言います。

清掃施設工事業

ごみ処理施設、し尿処理施設等を設置する工事を言います。

解体工事業

建築物や工作物を解体して更地に戻す工事を言います。
以前はとび・土工工事業の一環として許可できていましたが、平成28年6月1日から独立して、解体工事業許可が必要になりました。

まとめ

建設業に関するお話、いかがでしたか?

私自身、建設会社に入社したのは土商が初めてだったので、「こんなにも業種があったのか!」と驚きました。
これらの工事業を勉強して資格を取得する・・・というのもかなりの難易度だと思います。

だって、全て私たちが生活するうえで必要なものばかりだから。

職人の皆様、いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

新築はもちろん、リフォーム工事やリノベーション、解体工事などさまざまな工事を行っております。

大阪府交野市の工事は堺市の建設会社、株式会社土商へお問い合わせを(‘◇’)ゞ
Flora-tsuchisho-

関連記事